金沢市の給湯器補助金|設置・交換で費用が戻ってくる

金沢市 給湯器 補助金

金沢市で給湯器を設置・交換するときに、補助金が活用できるのはご存知ですか?
ここでは金沢市創エネ・省エネ・蓄エネ設備設置費補助金の内容や給湯器交換工事を業者に依頼するときのポイントを解説しています。

金沢市で給湯器の交換をしたいなら、大手ガス会社に依頼するのは避けましょう。
大手ガス会社では値引きが少なく、総額で40万円を超えることも。
その反面、ガス機器の卸売業者であれば大幅な値引きが期待できるので、少しでも安く交換したい!というあなたにもピッタリですよ。
全国対応の正直屋なら最大82%オフ
年中無休のスピード対応なので、急に給湯器が壊れた!といったアクシデントでもすぐに駆けつけてくれますよ。

\最短30分で駆けつけます/

※ネット見積もりなら割引あり

金沢市創エネ・省エネ・蓄エネ設備設置費補助金

金沢市創エネ・省エネ・蓄エネ設備設置費補助金

金沢市創エネ・省エネ・蓄エネ設備設置費補助金の基本情報
事業名 金沢市創エネ・省エネ・蓄エネ設備設置費補助金
分類 Fその他 (5)その他
方法 @補助
対象工事 C省エネルギー設備の設置
対象費用 A工事費用の総額に応じて決定 C設置する設備の性能に応じて補助額を設定
補助率等 1.創・省エネ設備の一体的導入:限度額5万円 2.住宅用蓄電システムの設置:限度額10万円 3.創・省・蓄エネ設備の一体的導入:限度額15万円 4.住宅用高効率エネルギー設備の設置:  住宅用燃料電池システムの場合 限度額5万円  住宅用ハイブリッド給湯器の場合 限度額4万円 5.住宅用断熱窓の設置:限度額5万円  6.木質ペレットストーブの設置:補助対象経費の2分の1、限度額10万円
対象住宅 1〜5:補助金交付申請者が居住する市内の住宅(併用住宅含む) ※5は既存の住宅に限る 6:市内の住宅・事業所・活動施設
発注者 Cその他の要件 1〜5:自己が居住する市内の住宅(併用住宅を含む)に 対象設備を設置する方で、市税を滞納していない者 6:市内に住所を有する方又は市内で主に活動する町会であり、市内の住宅・事業所・活動施設に対象設備を設置する、市税を滞納していない者。
工事施工者 C要件なし
URL 創エネ・省エネ・蓄エネ設備設置費補助
問い合わせ先 環境政策課
076-220-2507
補助対象設備・補助限度額 @創・省・蓄エネ設備の 一体的導入(太陽光発電 システム・HEMS・ 蓄電システム)15万円 A創・省エネ設備の 一体的導入(太陽光発電 システム・HEMS)5万円 B蓄電システム10万円 C高効率エネルギー設備 燃料電池システム(エネファーム):5万円 ハイブリッド給湯器 :4万円 D断熱窓 ※既存住宅に限る 5万円 E木質ペレットストーブ 10万円
TOPへ