江戸川区の給湯器補助金|設置・交換で費用が戻ってくる

江戸川区 給湯器 補助金

江戸川区で給湯器を設置・交換するときに、補助金が活用できるのはご存知ですか?
ここでは住宅リフォーム資金融資あっせん制度の内容や給湯器交換工事を業者に依頼するときのポイントを解説しています。

江戸川区で給湯器の交換をしたいなら、大手ガス会社に依頼するのは避けましょう。
大手ガス会社では値引きが少なく、総額で40万円を超えることも。
その反面、ガス機器の卸売業者であれば大幅な値引きが期待できるので、少しでも安く交換したい!というあなたにもピッタリですよ。

ダチョウ倶楽部のテレビCMでお馴染みのキンライサーは、安いだけでなく機器・工事とも10年保証が無料でついてきます。
工事のあとのアフターケアが不安……という人も安心ですよ。

\顧客満足度No.1達成/

※もれなく3,000円OFF

住宅リフォーム資金融資あっせん制度

住宅リフォーム資金融資あっせん制度

住宅リフォーム資金融資あっせん制度の基本情報
事業名 住宅リフォーム資金融資あっせん制度
分類 @耐震化 (1)耐震改修 Aバリアフリー化 (1)バリアフリー化 B省エネルギー化 (1)窓・壁等の断熱化工事 (2)省エネ設備の設置 C環境対策 (3)水洗トイレ改修 (4)浄化槽設置 D防災対策 (2)アスベスト対策 Fその他 (5)その他 区内の既存住宅のリフォーム工事が対象
方法 B利子補給
対象工事 Gその他 @区で定めた対象となる工事内容の条件に該当する工事であること。 A融資利率の優遇措置に該当する工事の場合は、必要要件を満たしていること。  【優遇措置に該当する工事】  ・耐震補強工事(区の助成対象に該当するもの)  ・アスベストの除去等の工事  ・住宅用太陽エネルギー利用機器、高効率給湯器等の設置工事  ・バリアフリー化工事  ・屋根、外壁、窓等の断熱性又は遮熱性を高める工事
対象費用 A工事費用の総額に応じて決定 10万円から500万円まで(1万円単位)。ただし、工事見積額の80パーセント以内の金額。
補助率等 年2.0%(優遇措置該当工事は年1.5%)の融資利率を超える利子部分を区で負担。
対象住宅 建築基準法等の関係法令を遵守している、区内の既存住宅であること。(住宅の形態により制限あり)
発注者 Cその他の要件 @江戸川区民であること。 A住宅所有者もしくは、住宅所有者と同居する直系親族。 B住民税を滞納していないこと。 C十分な返済能力があること。 D現在この制度の利用者・連帯保証人ではないこと。など
工事施工者 C要件なし
URL 住宅リフォーム資金融資あっせん制度江戸川区ホームページ
問い合わせ先 福祉部 福祉推進課 住宅係
03-5662-0517
住宅の修繕、模様替え等リフォームをする際に、江戸川区が窓口となり、工事に必要な資金融資について取扱金融機関へあっせんする制度です。 工事着工前にご相談ください。(申込みから融資決定まで40日程度必要となります。)(対象となる工事内容 修繕・模様替え、増築、耐震補強工事、アスベスト除去等の工事、住宅用太陽エネルギー利用機器・高効率給湯器・家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの設置工事、バリアフリー化工事、屋根・外壁・窓等の断熱性又は遮熱性を高める工事ほか)
TOPへ