北区の給湯器補助金|設置・交換で費用が戻ってくる

北区 給湯器 補助金

北区で給湯器を設置・交換するときに、補助金が活用できるのはご存知ですか?
ここでは新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(住宅・事業所用)(分譲住宅の管理組合等用)の内容や給湯器交換工事を業者に依頼するときのポイントを解説しています。

北区で給湯器の交換をしたいなら、大手ガス会社に依頼するのは避けましょう。
大手ガス会社では値引きが少なく、総額で40万円を超えることも。
その反面、ガス機器の卸売業者であれば大幅な値引きが期待できるので、少しでも安く交換したい!というあなたにもピッタリですよ。

ダチョウ倶楽部のテレビCMでお馴染みのキンライサーは、安いだけでなく機器・工事とも10年保証が無料でついてきます。
工事のあとのアフターケアが不安……という人も安心ですよ。

\顧客満足度No.1達成/

※もれなく3,000円OFF

新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(住宅・事業所用)(分譲住宅の管理組合等用)

新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(住宅・事業所用)(分譲住宅の管理組合等用)

新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(住宅・事業所用)(分譲住宅の管理組合等用)の基本情報
事業名 新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(住宅・事業所用)(分譲住宅の管理組合等用)
分類 B省エネルギー化 (1)窓・壁等の断熱化工事 (2)省エネ設備の設置
方法 @補助
対象工事 B省エネルギー対策工事の実施 C省エネルギー設備の設置 補助率等記載の機器を設置する場合。 ※各々設置機器に個別要件があります。事業HPでご確認ください。
対象費用 @特定の工事の工事費用に応じて決定 B(工事費用にかかわらず)定額を補助 C設置する設備の性能に応じて補助額を設定
補助率等 太陽光発電システム:1kW当たり8万円(限度額20万円) 高効率給湯器(CO?冷媒ヒートポンプ給湯器、ハイブリット給湯器):1台当たり5万円 家庭用燃料電池装置:1台当たり5万円 住宅用蓄電システム:蓄電容量1kWh当たり1万円(限度額6万円) HEMS:助成対象経費の1/5(限度額2万円) 高反射率塗料:助成対象経費の1/2(限度額10万円) 窓の断熱改修:助成対象経費の1/5(限度額5万円) ※なお、分譲住宅(マンション等)の管理組合等には以下のような助成対象機器がある。 太陽光発電システム:助成対象経費の1/5(限度額100万円) LED照明器具・LED誘導灯器具:助成対象経費の1/5(限度額100万円)
対象住宅 特になし
発注者 Cその他の要件 次に掲げる全ての要件を備えた者であること。 ・区内に居住又は居住する予定の方の場合は、その住宅に助成対象機器等を自ら使用する目的で設置又は施工する方。 ・区内に事業所を有する又は有する予定の場合は、その事業所に助成対象機器等を自ら使用する目的で設置または施工する方。 ・区内の建築物における区分所有者の団体の場合は、その建築物の共有部分に助成対象機器等を自ら使用する目的で設置又は施工する方。 ・区内に居住する個人にあっては個人住民税を滞納していないこと。 ・区内に事業所を有する者にあっては法人住民税又は個人住民税を滞納していないこと。 ・区内の建築物における区分所有者の団体にあっては法人住民税を滞納していないこと。 ・導入しようとする機器等が、未使用のものであること。 ・同一年度内に、同じ種類の機器等に対しての助成を受けていないこと。 ・導入しようとする機器等について、区の助成を受けていないこと。 ・建築物の販売、貸付け等による利益を目的としていないこと。
工事施工者 C要件なし ※但し、区内の事業者による工事施工の場合、一部助成金額が異なります。
URL 新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(令和3年度)|東京都北区
問い合わせ先 生活環境部環境課環境政策係
03(3908)8603
北区では、温室効果ガスの排出を削減するため、個人又は事業者の方を対象に、新エネルギー及び省エネルギー機器導入費用の一部を予算の範囲内で助成しています。※助成対象機器を自ら使用する目的で設置又は施工することが要件となりますので、以下のような場合は申請できません。ご注意ください。 区内に居住又は居住する予定の方で、工事完了報告時に住民票の住所が、機器設置場所と異なる場合。 集合住宅のオーナーの方が、賃貸部分又は共用部分に機器を設置する場合。
TOPへ