杉並区の給湯器補助金|設置・交換で費用が戻ってくる

杉並区 給湯器 補助金

杉並区で給湯器を設置・交換するときに、補助金が活用できるのはご存知ですか?
ここでは低炭素化推進機器等導入助成の内容や給湯器交換工事を業者に依頼するときのポイントを解説しています。

杉並区で給湯器の交換をしたいなら、大手ガス会社に依頼するのは避けましょう。
大手ガス会社では値引きが少なく、総額で40万円を超えることも。
その反面、ガス機器の卸売業者であれば大幅な値引きが期待できるので、少しでも安く交換したい!というあなたにもピッタリですよ。

ダチョウ倶楽部のテレビCMでお馴染みのキンライサーは、安いだけでなく機器・工事とも10年保証が無料でついてきます。
工事のあとのアフターケアが不安……という人も安心ですよ。

\顧客満足度No.1達成/

※もれなく3,000円OFF

低炭素化推進機器等導入助成

低炭素化推進機器等導入助成

低炭素化推進機器等導入助成の基本情報
事業名 低炭素化推進機器等導入助成
分類 B省エネルギー化 (1)窓・壁等の断熱化工事 (2)省エネ設備の設置
方法 @補助
対象工事 B省エネルギー対策工事の実施 C省エネルギー設備の設置
対象費用 @特定の工事の工事費用に応じて決定 B(工事費用にかかわらず)定額を補助 C設置する設備の性能に応じて補助額を設定
補助率等 対象機器等は導入前で、新品であること。またリースでないこと。 1)太陽光発電システム   4万円×太陽電池モジュール全体の公称最大出力数(kW)(限度額12万円)   蓄電池を同時設置すると助成金合計額に2万円加算 2)強制循環式ソーラーシステム   2万円×太陽熱集熱器全体の面積(u)(限度額6万円) 3)自然循環式太陽熱温水器   1万円×太陽熱集熱器全体の面積(u)(限度額2万円) 4)定置用リチウムイオン蓄電池     1万円×蓄電容量(kWh) (限度額8万円)   太陽光発電システムを同時設置すると助成金合計額に2万円加算 5)自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート) 定額5万円   6)家庭用燃料電池(エネファーム) 定額5万円 7)高日射反射率塗装   1,000円×塗布面積(u)   (限度額15万円) 8)窓断熱改修             ※HPをご参照下さい        (限度額15万円) 9)雨水タンク   雨水タンク税抜き本体価格の1/2   (限度額2万円)
対象住宅
発注者 Cその他の要件 下記@〜Dのいずれかに該当する方 @杉並区内建物に、対象機器等を導入する杉並区民の方  ・土地、建物が共有又は自らの所有に属さない場合:所有者全員の同意を得ていること  ・杉並区外にお住まいの方で、導入完了報告時に杉並区民であること  ・賃貸住宅を所有する方を含む A杉並区内に所有する店舗や事業所に対象機器等を導入する区内中小企業者(法人、個人事業主)  ※ただし、申請時に代表者が杉並区内に居住している場合に限る B杉並区内建物の共同住宅の共有部分に対象機器等を導入する区内管理組合または管理者 C杉並区内に所有する建物に、対象機器等を導入する医療法人、社会福祉法人、学校法人 D杉並区内に所有する建物に、対象機器等を導入する町会、自治会、商店街組合等
工事施工者 C要件なし
URL 杉並区低炭素化推進機器等導入助成(令和3年度)【エコ住宅促進助成】|杉並区公式ホームページ
問い合わせ先 環境部 環境課 環境活動推進係
03-3312-2111 内線3704・3705
令和3年度から太陽光発電システムと蓄電池を同時設置する方に2万円加算します 令和3年度から、太陽光発電システムと、定置用リチウムイオン蓄電池を同時設置する方に、2万円加算して助成します。ぜひこの機会にご家庭や事業所に設置してみませんか。 概要 区では、二酸化炭素排出が無い、あるいは少ないエネルギー機器である、太陽エネルギー利用機器、定置用蓄電池、省エネルギー機器、省エネルギー住宅、雨水タンクに対して導入経費を助成しています。 この助成金は、エネルギーの使用効率を高めるとともに、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を減らすことで、持続可能な社会の実現に寄与すること等を目的としています。 予算 4,000万円 予算枠に達した時点で受付終了します。 申請受付状況などは、電話でお気軽にお尋ねください。
TOPへ