目黒区の給湯器補助金|設置・交換で費用が戻ってくる

目黒区 給湯器 補助金

目黒区で給湯器を設置・交換するときに、補助金が活用できるのはご存知ですか?
ここでは住宅用新エネルギー及び省エネルギー設備設置費助成制度の内容や給湯器交換工事を業者に依頼するときのポイントを解説しています。

目黒区で給湯器の交換をしたいなら、大手ガス会社に依頼するのは避けましょう。
大手ガス会社では値引きが少なく、総額で40万円を超えることも。
その反面、ガス機器の卸売業者であれば大幅な値引きが期待できるので、少しでも安く交換したい!というあなたにもピッタリですよ。

ダチョウ倶楽部のテレビCMでお馴染みのキンライサーは、安いだけでなく機器・工事とも10年保証が無料でついてきます。
工事のあとのアフターケアが不安……という人も安心ですよ。

\顧客満足度No.1達成/

※もれなく3,000円OFF

住宅用新エネルギー及び省エネルギー設備設置費助成制度

住宅用新エネルギー及び省エネルギー設備設置費助成制度

住宅用新エネルギー及び省エネルギー設備設置費助成制度の基本情報
事業名 住宅用新エネルギー及び省エネルギー設備設置費助成制度
分類 B省エネルギー化 (2)省エネ設備の設置
方法 @補助
対象工事 C省エネルギー設備の設置 新エネルギー設備の設置 それぞれの機器の要件あり
対象費用 Eその他 機器本体価格
補助率等 機器本体価格の3分の1以下で、 太陽光発電システムは上限10万円(その他の助成対象設備を申請する場合はその数に応じて1万円ずつ加算)、 家庭用燃料電池システムは上限5万円、 家庭用蓄電システムは上限5万円、 CO2冷媒ヒートポンプ給湯器は上限3万2千円、 HEMS(家庭用エネルギー管理システム)は上限2万円、 マンション共用部LED照明は上限10万円
対象住宅 申請者が居住する区内の住宅
発注者 Cその他の要件 自ら住む区内の住宅で利用する目的で、未使用の助成対象設備を設置した方、など
工事施工者 C要件なし
URL 令和3年度新エネルギー及び省エネルギー設備設置費の一部を助成します目黒区
問い合わせ先 環境清掃部環境保全課
03-5722-9034
令和3年4月1日から令和4年3月31日までに,下記の表にある補助対象機器の設置工事を実施完了した事業を対象とします。 ※ 補助対象機器をリース契約で設置した場合,補助対象外となります。太陽光発電 システム・出力10kw未満のものであること。 ・申請者が電力会社と受給契約していること。30,000円/1kw (上限100,000円) 高効率    給湯器  エコキュート(電気式) 1台72,000円  ハイブリッド給湯器(ガスと電気併用型)  エコウィル(ガス式:発電機併用型)  エネファーム(ガス式:発電機併用型) 蓄電 システム 前年度及び当該年度の国の補助事業において,補助対象設備として登録され,及び10kw未満の住宅の屋根等に設置された太陽光発電と連携しているものであること。 ※「いばらきエコチャレンジ」の登録について↓ https://www.ibaraki-eco-challenge.jp/(新しいウインドウで開きます) 1台50,000円
TOPへ