港区の給湯器補助金|設置・交換で費用が戻ってくる

港区 給湯器 補助金

港区で給湯器を設置・交換するときに、補助金が活用できるのはご存知ですか?
ここでは高齢者自立支援住宅改修助成の内容や給湯器交換工事を業者に依頼するときのポイントを解説しています。

港区で給湯器の交換をしたいなら、大手ガス会社に依頼するのは避けましょう。
大手ガス会社では値引きが少なく、総額で40万円を超えることも。
その反面、ガス機器の卸売業者であれば大幅な値引きが期待できるので、少しでも安く交換したい!というあなたにもピッタリですよ。

ダチョウ倶楽部のテレビCMでお馴染みのキンライサーは、安いだけでなく機器・工事とも10年保証が無料でついてきます。
工事のあとのアフターケアが不安……という人も安心ですよ。

\顧客満足度No.1達成/

※もれなく3,000円OFF

高齢者自立支援住宅改修助成

高齢者自立支援住宅改修助成

高齢者自立支援住宅改修助成の基本情報
事業名 高齢者自立支援住宅改修助成
分類 Aバリアフリー化 (1)バリアフリー化 Fその他 (5)その他 住宅を改修することによって転倒予防などの効果が期待できる場合、住宅を改修する費用を助成します。 (T)予防給付  @手すりの取付けA段差解消B床材の変更C扉の取り替えD便器の取り替えEその他これらの工事に付帯して必要な工事 (U)設備給付 @浴槽の取り替え及びこれに付帯して必要な給湯設備等の工事 A流し、洗面台の取り替え及びこれに付帯して必要な給湯設備等の工事 B便器の様式化及びこれに付帯して必要な工事
方法 @補助 助成限度額 (T)予防給付 @〜Eの合計 200,000円 (U)設備給付 @379,000円 A156,000円B106,000円
対象工事 Aバリアフリー改修工事の実施
対象費用 @特定の工事の工事費用に応じて決定 工事内容は、高齢者相談センターの職員及び区が委託している住宅改修コーディネーターが対象者の身体状況等を確認し決定します。(住宅改修コーディネーターは、身体状況に適合した改修内容になるよう建築的・福祉的視点からアドバイスをする専門家です。)
補助率等 助成限度額のうち下記のとおり自己負担があります。 ・生活保護受給者、本人が老齢福祉年金受給者で世帯全員が住民税非課税:0%負担 ・世帯全員が住民税非課税者:0%負担 ・本人が住民税非課税:3%負担 ・上記以外の方:10%負担
対象住宅
発注者 @高齢者
工事施工者 C要件なし 工事前に見積書、図面等の提出があります。
URL 港区ホームページ/高齢者自立支援住宅改修給付
問い合わせ先 保健福祉支援部高齢者支援課在宅支援係
03-3578-2400~2406
浴槽の取り替え及びこれに付帯して必要な給湯設備等の工事 助成限度額合計379,000円 流し、洗面台の取り替え及びこれに付帯して必要な給湯設備等の工事 助成限度額合計156,000円 便器の洋式化及びこれに付帯して必要な工事 助成限度額合計106,000円
TOPへ