千葉市の給湯器補助金|設置・交換で費用が戻ってくる

千葉市 給湯器 補助金

千葉市で給湯器を設置・交換するときに、補助金が活用できるのはご存知ですか?
ここでは千葉市住宅用再生可能エネルギー等設備導入事業補助金の内容や給湯器交換工事を業者に依頼するときのポイントを解説しています。

千葉市で給湯器の交換をしたいなら、大手ガス会社に依頼するのは避けましょう。
大手ガス会社では値引きが少なく、総額で40万円を超えることも。
その反面、ガス機器の卸売業者であれば大幅な値引きが期待できるので、少しでも安く交換したい!というあなたにもピッタリですよ。

ダチョウ倶楽部のテレビCMでお馴染みのキンライサーは、安いだけでなく機器・工事とも10年保証が無料でついてきます。
工事のあとのアフターケアが不安……という人も安心ですよ。

\顧客満足度No.1達成/

※もれなく3,000円OFF

千葉市住宅用再生可能エネルギー等設備導入事業補助金

千葉市住宅用再生可能エネルギー等設備導入事業補助金

千葉市住宅用再生可能エネルギー等設備導入事業補助金の基本情報
事業名 千葉市住宅用再生可能エネルギー等設備導入事業補助金
分類 B省エネルギー化 (2)省エネ設備の設置
方法 @補助
対象工事 C省エネルギー設備の設置 太陽光発電システム、家庭用燃料電池システム(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電システム、太陽熱利用給湯システム(強制循環式)の設置及び窓の断熱改修
対象費用 B(工事費用にかかわらず)定額を補助
補助率等 太陽光発電システム 最大出力値1?あたり2万円(上限4.5?まで) 家庭用燃料電池システム(エネファーム) 5万円 定置用リチウムイオン蓄電システム   10万円 太陽熱利用給湯システム(強制循環式) 5万円 窓の断熱改修 経費の1/4(上限8万円)
対象住宅 未使用の設備を設置する住宅であること。
発注者 Cその他の要件 自らが居住する住宅に設置するもの又は設置された住宅を購入するもの。 千葉市に納付すべき税の滞納がないこと。
工事施工者 C要件なし
URL 千葉市再生可能エネルギー補助金
問い合わせ先 環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室
043-245-5199
5月17日募集開始 市内の住宅等に再生可能エネルギー等設備(太陽光発電設備、太陽熱利用給湯設備、家庭用燃料電池設備(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電設備、窓の断熱改修)を導入しようとする方に補助金を交付します。

千葉市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス普及促進事業補助金

千葉市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス普及促進事業補助金

千葉市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス普及促進事業補助金の基本情報
事業名 千葉市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス普及促進事業補助金
分類 B省エネルギー化 (2)省エネ設備の設置 環境省又は経済産業省が実施するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を対象とした補助金によりZEHであることが示されている戸建住宅またはBELS評価書によりZEHであることが示されている戸建住宅を新築、新築建売住宅の購入、改修のいずれかに該当する事業を対象とする
方法 @補助 1戸あたり10万円
対象工事 B省エネルギー対策工事の実施 環境省又は経済産業省が実施するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を対象とした補助金によりZEHであることが示されている戸建住宅またはBELS評価書によりZEHであることが示されている戸建住宅の新築または改修
対象費用 B(工事費用にかかわらず)定額を補助 高断熱外皮 空調設備 給湯設備(強制循環式太陽熱利用給湯システムを除く) 換気設備
補助率等 1戸あたり10万円
対象住宅 環境省又は経済産業省が実施するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を対象とした補助金によりZEHであることが示されている戸建住宅またはBELS評価書によりZEHであることが示されている戸建住宅に改修する事業
発注者 Cその他の要件 ・市税の滞納がないこと。 ・補助の対象となる住宅に居住していること。 ・市が調査のためにデータ提供等の依頼をした際に協力すること。
工事施工者 C要件なし
URL 千葉市再生可能エネルギー補助金
問い合わせ先 環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室
043-245-5199
市内の住宅等に再生可能エネルギー等設備(太陽光発電設備、太陽熱利用給湯設備、家庭用燃料電池設備(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電設備、窓の断熱改修)を導入しようとする方に補助金を交付します。市内の高齢福祉施設、障害福祉施設及び医療施設に、太陽熱利用給湯システム及び蓄電システムを導入しようとする事業者に対し、補助金を交付します。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(以下「ZEH」という。)の新築をする市民に対して、これに要する費用の一部を補助することにより、市内のZEHの普及を促進することを目的とします。
TOPへ